<< 丸沼芸術の森でのイベント「土と墨」 | main | イベントの写真を少しアップしました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

2009「墨のかたち上野駅イベント」開催いたします


今年は大勢の方に筆をとっていただけたのではないかと、
振り返って思います。
今日とある雑誌の取材を受けている時、こんな話が出ました。

「一時期ワープロ、パソコンの普及によって世の中全体に活字が溢れたわけですが、
それら活字への振り幅が極端過ぎたせいもあるかと思うのですが、
今になって肉筆に回帰する人が少なくない、カルチャーリターンが起きている」

大手プリンターメーカーも年賀状には手書き機能を前面に出している。
世の中には流行り廃りがあるけれど、「回帰」の場所になるものは懐が深く流行に流されない。
もともと公的文書は肉筆でラブレターも、伝票も、今では当たり前に活字のものが肉筆であった歴史。それらは知らず知らず日本に暮らす多くの人々の目に入り、
「手書き」という文化をするしない問わず「知っている」ことが「回帰」に繋がるのかもしれません。

筆を持つこと、毛筆でなくとも手で書くということは、
どこか、誰にとっても「里帰り」なのかもしれません。
10月17日、18日、上野駅でそんな里帰りの場所を設けたいと思います。
肉筆の楽しさを体験されに是非、会場に足を運ばれてください。
スタッフ一同お待ちしております。

 

イベント詳細

場所・上野駅構内イベントスペース「ガレリア」中央改札出て直進左側

時間・10月17日(土)

   10月18日(日)

   ※両日11時から15時まで
内容・書家、墨絵作家によるライブパフォーマンスと
   色紙、葉書、約1メートル四方の紙への毛筆体験
   ※イベント参加に際して費用は一切かかりません。
   ※書かれた作品はその場でお持ち帰りいただけます。


青柳貴史

at 22:15, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 22:15, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark