スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

水墨画講習会

 今年もあと残りわずか。。。

年賀状に頭を痛めているのは私だけでしょうか。。。

来年寅どしです。
年女の私は何かいつもと違う年賀状が書きたいと水墨画の講習会に参加。

水墨画は全くの初心者。
見ると描くのは大違い

先生のお手本と同じに書くのは至難の業。。。

墨の濃淡がうまく表現できなかったり、デッサン力も無いので、寅が猫になったりと、3時間近い講習会はおしゃべりする間もなくあっという間に終了。。。


私が描いた寅
出来栄えはこんな感じです。
先生が描いた寅
満先生のはもっと迫力あって虎がかっこいいのです。



水墨画講習会の様子
皆真剣に描いている風景

企画室
坂東遠樹

at 18:57, 墨のかたち企画室, 書道

-, -, pookmark

陶硯が焼きあがりました!

 
少し前のブログにて書きました「陶硯製作体験」でこさえた硯、
参加者一同待ちに待った焼き上がりですが、手元にやってまいりました。
丁寧に釉薬をかけて丹念に仕上げて下さった陶芸倶楽部の先生方、
ありがとうございます。



↑これは自分が作ったもので、早速使ってみました。
通常の硯とはまた違う墨あたり。
粗い墨堂からはザクザクと「磨れてる!」感じを受けます。
土っぽくも素朴なテイストで磨るのが楽しいものです。
このテイストならばと淡墨でトライしてみています↓。



八月の丸沼芸術の森美術館で墨のかたちはパフォーマンスを行いますが、
併設会場では「陶硯と書の展示」も行われます。
陶硯製作をしたスタッフはその硯を用いて作った書作品、墨絵作品も展示いたしますので、
是非こちらもご覧になってみてください。

墨のかたち
青柳貴史




at 15:00, 墨のかたち企画室, 書道

-, -, pookmark

書道ガールズ甲子園

 

連休中ふとテレビに目を向けるとズームイン朝という番組の中で書道のパフォーマンスの映像が。

女子高生の書道部の部員たちが学校対抗で縦10メートル横15メートルの巨大な紙(布の学校もあったようでした)に自分たちの書きたい文字を書いて競い合う番組でした。
確かお正月に第1回めがあり今回は第2回ということでした。

制限時間2分半という限られた時間で顔に墨を飛ばしたり体中で大きな筆を操作し精一杯表現している高校生の姿がキラキラしていてつい映像に見入ってしまいました。
参加高校は埼玉県立川口高校、
青森県立八戸東高校、
福岡県立青豊高校、
私立大分高校の4校

ただ字を書くだけでなく、各校工夫がなされ、青森県の高校は、
地元の農家の方の協力を得てわらで作った筆なども使用し<
独特の書き味を表現。
音楽も流し曲の流れに乗っての筆さばきは見事なもの。
髪形や衣装も各校趣向を凝らし女子高校生だなぁと妙に感心。

形もさることながら中身の文字もかなり練習を積んでいる様子が字に表れていて古典にのっとった作品を発表した学校が最優秀校になっていました。
全国から
4校だけでしたが今後こういう番組に参加する学校が増え、若い人の書道人口がますます増えたらなあと。

企画室k

at 00:02, 墨のかたち企画室, 書道

-, -, pookmark