スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

硯彫りの実演をしています


あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

本日1/2から1/8まで、

上野松坂屋「現代書道二十人展」併設文房四宝即売会場にて

硯彫りの実演を行っております。

墨堂改刻、飾り彫り、硯相の仕立て直しなど、

ノミを使った作業を中心に行っております。

硯のいろいろなご相談もお待ちしておりますので

是非お越し下さいませ。

青柳貴史

at 01:00, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

書道教室、始まりました

 さて、先日青柳が書きました、埼玉朝霞市での放課後子ども教室がスタートしました。
今日は幸いな事に、スタッフが十分にいますので、
私デザイナーの藤田が終了まで30分間隔くらいで、
記事を綴っていきたいと思います。

フォトギャラリーも一緒に更新していきますので、
楽しみにしてくださいね。
第1弾がアップされたら、URLもご紹介したいと思います。

今回は、大判の紙に書くということで、
スタッフ数名で、「こんな感じで書くんだよ!」というお手本から入りました。
字の成り立ちも踏まえたパフォーマンスに加え、
単純に大きな紙・大きな筆という普段体験できない環境で、
参加の子供たちも興味津々の様子。

そして、実際に自分たちで体験!

淡墨でのびのびと線を引き、
元気いっぱいの字を書いていました。

という事を書いてる横で、引き続き子供たちは大字を実践中です。
始まったばかりなので、ブログ第一弾はテキストの書き込みになりました。
写真はおいおい追加していきたいと思います!

at 10:07, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

伝統工芸館での実演のご案内

台東区伝統工芸館にて8/14(土)、8/15(日)の二日間、硯の実演彫りを行います。

伝統的な和彫りから中国の古硯様式にある飾り彫り、

また硯の砥ぎなどの工程を実演いたします。

出先での作業なのですべての工程は出来ませんが、

様々な硯が出来るまでのストーリーを知っていただければ幸いです。

昨年も行いましたが、

ここの会場の醍醐味は囲いやステージがなく、

実演者と、観客側に隔たりがないのでじっくり話ができるのも魅力だと思います。

硯について相談などあれば是非お越しください。

企画室

製硯師 青柳貴史

at 20:43, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

体験コーナー

卓上スペース大好評です!

ジョイフル2

沢山のお子さんたちが、楽しく墨と筆に触れていってくれました。
ですが、そろそろ終わりの時間です。
ちょっと名残惜しいですね。

フォトギャラリーも第2弾をアップしました。
よろしければ、ぜひご覧ください。

http://www.sumino-katachi.com/gallery_joyful10.html

墨のかたち 企画室
藤田

at 12:51, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

フォトギャラリー

フォトギャラリー第一弾をアップしました!
http://www.sumino-katachi.com/gallery_joyful10.html

先程ご体験いただいた皆様で、……もしもうサイトを見られていらっしゃるようでしたら。
ぜひ御覧下さい!
皆様からの写真も募集していますので、
宜しければ、墨のかたちのサイトからメールで写真を添付して送ってください。
数日中にフォトギャラリーに追加いたします。

イベントは本日15時まで。
近くにお越しの際はぜひお越しください。
場所は群馬ジョイフル2新田店の2階オートスロープ前です。

at 11:55, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

群馬ジョイフル2

群馬ジョイフル2でイベントが始まりました!
スタートは詩人・山村暮鳥の詩をスタッフ全員でパフォーマンスしました。
書の経験が一番浅い僕からのスタートで緊張しましたが、
みなさんが上手にまとめてくれて良い作品になりました。

今回は、会場にノートPCを持ち込んでのリアルタイム更新。
ブログも何本か上げるので、楽しみにしててくださいね。

企画室 デザイナー
藤田

at 11:39, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

手帳

今年も残すところわずかとなりました
年賀状、カレンダーの販売が始まり、おせちの話題など量販店に行くと年の瀬を実感します。
そして来年の手帳を買いにいくと、実にバリエーション豊富に販売展開されているものです。
いやその数、まことに多い。
ハイスペック携帯や薄型PCによるスケジュール管理が便利になっても、
「手帳は手書き」という人が多い実態か。
自分も某社手帳を使って5年になり、いままでのものは残すようにしています。
その時どんなことをしていたかがわかる、「自伝」のようなものが綴られる。
墨のかたちの活動含め、個人的に開催したイベントまで、
手帳を読み返してみるとその時の光景が思い出されます。
来年の手帳には、2010年の墨のかたち、他、文化活動に携わる内容が
より豊富に、色濃く書けますようにと願いながら購入しました。

また、みなさんの手帳に「墨のかたちで体験」と書いてもらえることを想像すると
喜びの気持ちが湧いてくるものです。
まだおわっていない今年ですが、手帳をみながら今年を振り返った一日でした。





写真)0VEにて手作り、手書き年賀状作成風景(下)と、利き墨(上)

青柳貴史

at 20:44, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

アンタルフェスティバル

 本日、11月7日は、
代々木公園で開催されているアンタルフェスティバルに参加してきました!

秋晴れ……というには、
日差しが強く、若干気温が高かった気がしますが、
おかげさまで、無事にイベントを進めることができました。

なんせ、初めての屋外でのイベントですから、
予期せぬ事がいろいろとありまして……。

午前中に行った大型作品のスペースでは、
たまに吹く強い風にあおられて、
紙がふわーり、たまにはビリッ(パフォーマンス用のやつだったのが救いでした)と
結構な暴れっぷりを見せてくれました。
文鎮、もう少し必要かもしれませんね。

パフォーマンスの今回の見どころは、
キタハラさんの描くぽやぽや墨絵と、
平蔵(平倉)さんによる、黒地+金字の作品。
ステージで行われていた和太鼓の演奏に合わせて、
キタハラさんは軽やかに、平蔵さんは豪快に、
筆を走らせていました!
パフォーマンスも墨のかたちの醍醐味だなーと改めて実感です。

午後は、恒例の卓上による色紙・はがきの体験コーナー。
上野のような「偶然・突然」さが少ない環境だったので、
みなさん、思案されながらもすぐに筆を執って書かれていたのが印象的でした。
ぶっつけ本番の方も多くって、味のある作品がたくさん見れて
スタッフとしても楽しい卓上の2時間でした。

即席レポートなので、
色々足りない感じですが、
8日アップ予定のフォトギャラリーをご覧いただいて、
補完してもらえればなーと思います。

アンタルフェスティバルにて体験してくださった皆様、
どうもありがとうございました!

※追記
8日も、(墨のかたちは参加していませんが)アンタルフェスティバルは開催されています。
墨絵イラストレーター、キタハラゆかりさんのブースも引き続きありますので、
お時間のある方は、ぜひお立ち寄りください!

※さらに追記
先月行われた上野駅でのイベントの模様を収めた
フォトギャラリーを大幅更新しました。
なんとその数、210枚
表示に時間がかかるかもしれません。ごめんなさい。
でも、見ていってもらえると嬉しいです!
http://www.sumino-katachi.com/gallery_vol5.html

企画室 藤田

at 00:53, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

今後のイベントについてのお知らせ

 隅のかたち企画室の藤田です。

イベントに関するお知らせです。

今週末に予定されていましたカルフルとちぎでの開催ですが、
インフルエンザの影響で、主催者側の判断により
カルフルとちぎ自体が中止となりました
ので、
こちらのイベントはなくなりました。
ご参加予定の方には申し訳ありませんが、予めご了承ください。

また、7日開催のアンタルファスティバルは、
予定通り開催予定です。
ただし、屋外イベントとなりますので、
雨天や強風の場合には、中止
となります。
こちらも予めご了承ください。

よろしくお願いします。

at 08:45, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark

2009「墨のかたち上野駅イベント」開催いたします


今年は大勢の方に筆をとっていただけたのではないかと、
振り返って思います。
今日とある雑誌の取材を受けている時、こんな話が出ました。

「一時期ワープロ、パソコンの普及によって世の中全体に活字が溢れたわけですが、
それら活字への振り幅が極端過ぎたせいもあるかと思うのですが、
今になって肉筆に回帰する人が少なくない、カルチャーリターンが起きている」

大手プリンターメーカーも年賀状には手書き機能を前面に出している。
世の中には流行り廃りがあるけれど、「回帰」の場所になるものは懐が深く流行に流されない。
もともと公的文書は肉筆でラブレターも、伝票も、今では当たり前に活字のものが肉筆であった歴史。それらは知らず知らず日本に暮らす多くの人々の目に入り、
「手書き」という文化をするしない問わず「知っている」ことが「回帰」に繋がるのかもしれません。

筆を持つこと、毛筆でなくとも手で書くということは、
どこか、誰にとっても「里帰り」なのかもしれません。
10月17日、18日、上野駅でそんな里帰りの場所を設けたいと思います。
肉筆の楽しさを体験されに是非、会場に足を運ばれてください。
スタッフ一同お待ちしております。

 

イベント詳細

場所・上野駅構内イベントスペース「ガレリア」中央改札出て直進左側

時間・10月17日(土)

   10月18日(日)

   ※両日11時から15時まで
内容・書家、墨絵作家によるライブパフォーマンスと
   色紙、葉書、約1メートル四方の紙への毛筆体験
   ※イベント参加に際して費用は一切かかりません。
   ※書かれた作品はその場でお持ち帰りいただけます。


青柳貴史

at 22:15, 墨のかたち企画室, イベント情報

-, -, pookmark